赤ちゃんが1人で眠れる?!「睡眠の土台」を整えよう!

ねんね

赤ちゃんのこんなねんねトラブルありませんか?

  • 赤ちゃんがなかなか寝てくれなくてイライラする
  • 赤ちゃんの夜泣きがひどい
  • 赤ちゃんが夜に覚醒してしまう

私は抱っこで寝かしつけをしていて、背中スイッチ発動しまくりで寝かしつけの大変さに悩まされていた1人です。

実は、「睡眠の土台」という赤ちゃんの睡眠環境や条件を整えれば、赤ちゃんは1人でぐっすり眠れるようになるんです!

今回は、「睡眠の土台」について、体験談も併せてご紹介します!

「睡眠の土台」とは?

愛波文さんの著書『ママと赤ちゃんのぐっすり本』によると、「睡眠の土台」とは、子どもが自らぐっすり、すんなり眠れるようになる=セルフねんねのために必要不可欠な3つのことを言います。

ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド (講談社の実用BOOK) [ 愛波 文 ]

価格:1,320円
(2021/9/29 14:07時点)

①睡眠環境

②ママと子どもの幸福度

③生活リズム(ねんねルーティン)

それぞれ詳しくご紹介します。

睡眠環境

愛波文さんの著書『ママと赤ちゃんのぐっすり本』によると、子どもにとって快適な睡眠環境には5つのポイントがあるとされています。

ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド (講談社の実用BOOK) [ 愛波 文 ]

価格:1,320円
(2021/9/29 14:07時点)

  • 部屋の温度と湿度
  • 寝るときの服装
  • 安全性

もう1つ重要なポイントは「赤ちゃんが寝付いた時と同じ環境が起きる時間までずっと続いていること」です。

それぞれの項目の整え方は、こちらの記事に詳細を書いていますのでご覧ください。

関連記事:赤ちゃんがぐっすり眠れる?!快適な睡眠環境を整えよう!

ママと子どもの幸福度

幸福度とは、心がどれだけ満たされているかをはかるものさしです。

愛波文さんの著書『ママと赤ちゃんのぐっすり本』によると、ママの幸福度が高ければ子どもの心も安定し、いい相互作用が生まれるそうです。

逆にママも子どもも幸福度が低いと、負のスパイラルに陥り、どちらも睡眠不足になってしまいます。

私は初めての慣れない育児で、心身ともに疲れてしまい、軽度ではありましたが産後うつになった時がありました。

当時は寝かしつけもうまくいがず、子どもが背中スイッチ発動しまくりで、辛くて子どもと一緒に泣いていたのを思い出します。

今思えば、私の心の乱れが子どもがなかなか寝れない原因の一つだったのかもしれません。

統計を取ったわけではないので感覚的な話になりますが、私がイライラして寝かしつけてしまった日は、夜中によく起きてしまう気がします。(あくまでも感覚的な話です…)

ママの心の健やかさと子どもの安心感は相関があるのだと思います。

生活リズム(ねんねルーティン)

「ねんねルーティン」とは、夜寝る前の流れをつくることです。

子どもは、次に何が起こるかがわかると安心するうえ、その流れに体も慣れてきてリズムができます。
セルフねんねができるようになるためには、大切な準備になります。

ねんねルーティンの例は「お風呂→歯を磨く→絵本を読む→電気を消す」などです。

このねんねルーティンを一貫して行うことで、子どものねんねトラブルがなくなり、セルフねんねにもつながっていきます。

わが家では以下のルーティンを行っています。

  1. 保育園から帰宅
  2. お風呂に入る
  3. 晩ご飯を食べる
  4. 歯磨きをする
  5. 部屋を暗くする
  6. 絵本を2冊読む
  7. 寝室へ行く

ねんね前のおすすめの絵本は、乳幼児睡眠コンサルタントねんねママさんのブログに紹介されています。
参考記事:寝る前におすすめ!おやすみ系絵本(えほん)6選と読み方のコツ

私はおすすめの絵本の中から2冊を読んでいます。

●『いいこでねんねできるかな』

いいこでねんねできるかな (あかちゃんのあそびえほん) [ 木村裕一 ]

価格:748円
(2021/10/9 23:16時点)

●『10このきらきらねがいぼし』

10このきらきらねがいぼし/ケイト・ストーン/おがわやすこ/子供/絵本【1000円以上送料無料】

価格:1,760円
(2021/10/9 23:18時点)

私の子どもは生後6ヶ月から「ねんねトレーニング(ねんトレ)」(一人で眠れるトレーニング)を行い、寝る前にこのルーティンを行うことでねんトレを成功させることができました。
(ねんトレについては別の記事でご紹介します)

現在は諸事情があり添い寝で寝かしつけていますが、ルーティンを行って横で寝るだけで30分程度で寝てくれます。

まとめ

今回は、「睡眠の土台」についてご紹介しました。

●「睡眠の土台」はセルフねんねに不可欠
●睡眠環境、ママと子どもの幸福度、ねんねルーティンを整えることがポイント
●ママの幸福度が高ければ子どもの心も安定する
●夜寝る前のねんねルーティンを一貫して行う

子どもが一人で寝てくれたらすごく楽になりますよね。
睡眠の土台を整えて、寝かしつけを楽にしていきましょう!

次回は、ねんねトレーニングについてご紹介します。

関連記事:赤ちゃんがぐっすり眠れる?!快適な睡眠環境を整えよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました